第3回オンライン大会へようこそ!

 新型コロナウイルス感染拡大は、私たちの社会生活全般に大きな影響を与え続けています。コロナ禍からの回復の見通しは今なお不透明なままです。本学会の中心課題である離婚・再婚後の家族生活への影響も深刻です。私たちの学会活動を止めるわけにはいきません。コロナ禍経験後の世界について眼を向ける必要もあります。

 そこで、2020年10月3日(土曜)・4日(日曜)の第3回大会は、すべてウェブ会議ツール(Zoom)によるオンライン開催に初めて挑戦します。今大会のテーマは「離婚・再婚後の子どもと親―父母の関係と親子の新たなきずなをめぐって」としました。基調講演には、加茂登志子先生(一般社団法人 日本PCIT研修センター/センター長/精神科医)をお迎えし、「子どもの養育と家族―PCITでの体験を通して」についてお話しいただく予定です(基調講演だけは非会員を含めて一般公開)。

 また、大会企画シンポジウム「事例をとおして垣間見えた親子のきずなと父母の関係」を開催します。シンポジストとして、牛見和博(弁護士法人 牛見総合法律事務所/弁護士)・牛見明日香(公認心理師・臨床心理士)、しばはし聡子(一般社団法人りむすび/代表)、吉田浩(札幌家庭裁判所室蘭支部/家庭裁判所調査官)の各氏が登壇します。

 プログラム、開催方法、参加・発表申し込み方法の詳細については、このページ左側のメニューをクリックして、各ページで最新情報をチェックしてください。その中に「オンライン参加マニュアル」を用意しましたので、事前に必ずお読みいただけますようお願いいたします。

 オフライン開催の過去の大会以上に多数の会員のご参加をお待ちしております。

第3回大会委員長 野沢慎司

                                                                      

※基調講演につきましては一般公開となるため、非会員の方もご参加いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。