日本離婚・再婚家族と子ども研究学会 離婚・再婚家族と子ども研究 茨城大学人文社会科学部 野口康彦研究室

サイトマップ

研究の活動趣旨about

親の離婚、あるいは再婚を経験した子どもの心理発達について、特に面会交流の実施や養育費の授受との関連に着目をして、調査・研究を行っています。
本研究においては、心理学だけではなく、社会学、法学、教育学、社会福祉学、医学など子どもの育ちにかかわる分野の学術的研究者、そして司法関係者や実践家の協働が必要です。よって、個人的な調査・研究を推進するとともに、組織的な活動を展開することによって、離婚・再婚を経験した子ども養育環境の整備に貢献し、家族への有用な支援の探求を行うことにより、社会に貢献することを目指します。

ニュースtopics一覧を見る

2018年06月02日
第1回大会ホームページおよび参加受付開始
2018年06月01日
学会ホームページおよび会員募集開始